男性

イソフラボンの骨への働き

80代以上の日本人女性の半数以上が発症するという骨粗しょう症。
名前を聞いたことはあるけど、詳しいことは知らない、という人も多いのではないでしょうか。
骨粗しょう症とは、骨密度が低くなり、骨が劣化することで、骨自体が非常の弱くなるので骨折の危険性も高くなります。

骨粗しょう症は、男性よりも女性に多い病気で、特に閉経を迎えた女性に多く見られます。
骨粗しょう症の症状としては、腰や背中の痛みが多く、1人での歩行が難しくなったり、寝たきりになってしまうケースもあります。
治療が困難とされる骨粗しょう症にならないためにも、若いうちからしっかりとカルシウムなどの栄養をしっかり摂取しておく必要があります。

しかし女性は閉経後、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少するために、骨の中にカルシウムを蓄えるためのサポートがなくなってしまうということが起こります。
そうなると、骨の中のカルシウムが溶け出して、骨がもろく弱くなってしまうのです。
このような理由があるため、閉経後の女性に多く骨粗しょう症が見られるわけです。

日本人は全体的にカルシウムの摂取量が不足気味で、仕事が忙しいからと外食ばかりの栄養が偏った食生活を続ける人もたくさんいるため、ますますカルシウムが不足してしまいます。
魚や牛乳などにたくさんカルシウムが含まれていますが、体内への吸収力が良くなければ充分なカルシウムを補うことはできません。
ビタミンDはカルシウムの吸収を良くするビタミンですので、これらの栄養素も一緒に摂取することが大切です。

骨粗しょう症を予防するためには日頃から、カルシウムを摂取したり、バランスの良い食事を心がけることが大切です。
またイソフラボンも骨粗しょう症予防に役立ってくれます。
エストロゲンと似た働きのあるイソフラボンhttp://photo.qpd.jp/は、摂取することで、骨の中のカルシウムが溶け出すのを抑制する働きがあるのです。
丈夫な骨作りをするためには、毎日の食事がとても大切ですが、同時にイソフラボンを摂取することもおススメです。
いつまでも丈夫な骨であれば、健康で元気に暮らせますね。

Copyright(C) 2013 女性の一番に欠かす事が出来ない栄養 All Rights Reserved.