男性

イソフラボンは過剰摂取すると危険?

多くの女性から支持されているイソフラボン。
この成分が支持されている理由は、女性ホルモンであるエストロゲンと似た作用があるためで、女性ホルモンの乱れによる生理不順や不妊症の改善や、更年期障害の症状の改善に効果があるとされています。
イソフラボンに期待できることにはこの他にも美肌効果やバストアップ、ダイエット効果などもあり、女性にとってはどれも嬉しいことばかりです。

豆腐や納豆、お味噌などの大豆製品にたくさん含まれているイソフラボンなので、これらの食品を摂取したりサプリメントで摂取することができます。
配合されたサプリメントもたくさん販売されていて大人気なのですが、イソフラボンを過剰に摂取すると危険であるとも言われています。
イソフラボンの過剰摂取で、身体に悪影響が出ると言うのです。

具体的にどのような影響があるのかというと、イソフラボンをたくさん摂取することで女性ホルモンのバランスが崩れてしまうのです。
イソフラボンの過剰摂取は血中ホルモン値を高くするので、生理不順が悪化したり、子宮内膜増殖症などが実際に報告されています。
さらに動物実験では、妊娠中や授乳中の女性が過剰摂取することで、胎児や赤ちゃんの生殖機能の発達に影響を与える可能性が高いことも分かっています。

このようなことが分かってからは、まだ発達段階である15歳未満の子供に対してはイソフラボンのサプリメントを積極的に摂取することは辞めるようにと言われています。
また大人の女性であっても過剰摂取は避けた方が良いようです。
サプリメントには、1日の摂取目安があるので、決して効果を期待して多めに飲むようなことは避けましょう。
納豆やお味噌、きな粉などの大豆製品からでもイソフラボンは摂取できるので、こちらの食品からの摂取であれば身体への問題はないので、心配な方は、食品から摂取することをおススメします。

Copyright(C) 2013 女性の一番に欠かす事が出来ない栄養 All Rights Reserved.