男性

更年期障害とイソフラボン

更年期とは、閉経を挟んだ45歳から55歳くらいの時期のことです。
更年期になると、卵巣機能が衰えてきますので、卵巣から分泌されていたエストロゲンという女性ホルモンの分泌される量もガクンと減少していきます。
更年期障害とは、エストロゲンの分泌量が減少することで、自律神経のバランスを崩すことが原因です。

更年期障害は、身体や心にさまざまな変化を起こします。
更年期障害の主な症状は、顔がカーっとのぼせたりほてってきたり、運動をしているわけでもないのに汗をかいたりします。
他にも手がしびれたり、気分が落ち込みうつ状態になる精神的な症状も現れてきます。

更年期障害のこれらの症状は、いつまでも続くわけではなくて、女性ホルモンが減少することに身体が慣れてくることで少しずつ落ち着いてきます。
個人差もありますが、この更年期障害の症状がとても酷くて、医療機関での治療が必要になる場合もあります。
日常生活にも支障をきたしてしまうほどの更年期障害ですが、イソフラボンが更年期障害の症状の改善に効果があります。

イソフラボンには、更年期に入り減少していく女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあるのです。
摂取することで女性ホルモンのバランスが安定するので、更年期障害の辛い症状が改善されるのです。
イソフラボンは大豆に多く含まれる成分なので、大豆製品を食べることで摂取することもできますし、
より手軽に効的に摂取するならイソフラボンのサプリメントがおススメです。

しかし植物由来の成分なので、薬のような劇的な効果があるわけではありませんが、副作用もなく身体にもやさしい成分です。
毎日コツコツとイソフラボンを摂取することで、更年期障害の辛い症状が緩和できます。
毎日の食事で摂取するなら、納豆やお味噌などがおススメです。
豆腐やきな粉にも含まれていますが、発酵食品のほうがイソフラボンの吸収が良くなっています。

Copyright(C) 2013 女性の一番に欠かす事が出来ない栄養 All Rights Reserved.