男性

イソフラボンの吸収率をあげるには?

美容や健康への意識の高い女性から人気なのがイソフラボンです。
イソフラボンが人気なのは、女性ホルモンであるエストロゲンと似た作用があるからで、女性らしい丸みを帯びた体型作りや美肌効果、骨を丈夫にする効果や、更年期障害の症状の改善などにも効果を発揮してくれます。
なのでまさに女性のための成分でもあるのです。

イソフラボンは大豆にたくさん含まれている成分です。
日本人にとって大豆はとても身近な食材で、大豆食品として豆腐や納豆、お味噌やきな粉などがありますね。
外食ばかり、弁当ばかりの生活ではこれらの大豆食品を充分食べることは難しいかもしれませんが、自宅で自炊をしていれば自然と摂取できる食品ばかりです。

ではこれらの大豆食品を毎日摂取していれば、イソフラボンが充分摂取できるかといえばそうではないようです。
なぜならイソフラボンは身体への吸収率が非常に悪い成分であるとされているからです。

イソフラボンには、グリコシド型とアグリコン型の2つのタイプがあります。
納豆や豆腐などはグリコシド型になります。
グリコシド型は周りに糖がくっついています。
ですから納豆や豆腐を食べると、この糖をまず腸内の酵素で分解しなければ体内にイソフラボンを吸収することができません。

腸内環境が整っている方であれば、腸内の酵素で糖が分解されて納豆や豆腐に含まれているイソフラボンをしっかりと吸収することができるのですが、そうでない方は体内に吸収される量は極わずかとなります。

一方のアグリコン型には糖がくっついていません。
分子構造もその分小さいので、胃でスピーディに吸収されるという特徴があります。

数ある大豆食品の中でも吸収率の良いアグリコン型は味噌だけです。
味噌は酵母菌の酵素によって、すでに糖が分解されているのです。
イソフラボンの吸収率をあげるためには、まず普段から乳酸菌の多い食事を心掛けるなどして腸内環境を改善することです。
また味噌を使った料理を食べることも効果的に摂取できます。

Copyright(C) 2013 女性の一番に欠かす事が出来ない栄養 All Rights Reserved.