男性

メタボ対策にイソフラボンが有効

大豆に多く含まれているイソフラボンは、大豆のエグミ成分の一つです。
ポリフェノールの仲間でフラボノイドの一種に分類されています。
大豆の中にわずか0.3%ほどしか含まれていない非常に貴重な成分です。

イソフラボンは、体内で女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをすることが分かっています。
しかしながら、その効力は、エストロゲンの1000分の1程度であるとされています。
大豆からの天然成分なので、体にも優しく穏やかな作用なので安心して摂取できる成分です。

女性ホルモンのエストロゲンに似た働きのあるイソフラボンは、女性のための成分と思われがちですが、男性女性問わず有効な働きがあります。
その中にメタボ対策があります。
メタボとはメタボリック・シンドロームの略で内臓脂肪型肥満を持つ人が、高血圧や高脂血症などを併せて持った複合的な症候群のことを指します。

肥満の人にこれらの病気が重なった場合、それぞれが軽症であっても、動脈硬化になりやすく、心筋梗塞や脳梗塞が起こる危険度も何倍にも跳ね上がることになるとてもコワイものです。
イソフラボンがメタボ対策に有効であると言われるのは、血圧の上昇を抑え、血中コレステロールを抑制する働きがあるからです。
血圧や血中コレステロール値が正常値であると、心臓病の危険度はかなり低くなります。

日本人の心臓病で亡くなる人の割合は、癌についで2位です。
また、心臓病で亡くなる方は年々増加しているそうです。
大豆製品を多く摂ることで、これらの病気を未然に防止することができるのです。

女性の場合には、更年期に入ると、コレステロール値が急上昇し、また血圧も同じように上がります。
これは女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減少してしまうことが原因とされています。
生活習慣病と言われるようにメタボと毎日の食生活は密接な関わりがあります。
バランスの取れた食事を摂ること、その中に大豆製品もたくさん取りいれれば効果的にメタボが改善されていきます。
ダイエットにおすすめのイソフラボンはこちらhttp://xn--eck7bvd2a5dzc.la/rank_diet.html

Copyright(C) 2013 女性の一番に欠かす事が出来ない栄養 All Rights Reserved.