男性

生理前にイソフラボンは摂取して平気?

女性ホルモンのエストロゲンに似た効果のあるイソフラボンは、年齢と共にエストロゲンが減少することで起こる更年期障害の症状緩和や、生理不順、骨粗しょう症の予防などに効果があるとされています。
女性特有の症状に対して効果のあるイソフラボンは人気がありますが、いつでもどんな時でも摂取していれば大丈夫というものではありません。
摂取量や飲むタイミングなどがとても大切です。

特に月経周期によって女性ホルモンのバランスが変化する生理のある女性は、イソフラボンの摂取には注意が必要です。
女性ホルモンには2種類あって、卵胞ホルモンであるエストロゲンと、黄体ホルモンであるプロゲステロンがあります。
エストロゲンは排卵に関係しているホルモンで、丸みを帯びた女性らしい体型作りや、卵巣や支給などの女性器の機能に関係しています。

エストロゲンは女性の美と健康に深い関わりのあるもので、生理後に多く分泌されるようになります。
エストロゲンが多く分泌されることで、身体の調子が良くなり、気持ちも安定しやすくなります。
もう一つのプロゲステロンは、生理に関係のあるホルモンで、妊娠中や生理前に多く分泌されるようになります。

プロゲステロンが多く分泌されることで、身体が疲れやすくなったり、気持ちも不安定になります。
また水分や老廃物も溜め込みやすくなるので、ダイエットには不向きな時期です。
通常、この2つのホルモンは同じ量が分泌されていて、生理前後、妊娠中などにはこのバランスが崩れるのです。

エストロゲンとプロゲステロンを同時に摂取すると、プロゲステロンの働きの方が強く出ると言われています。
生理前の不快な症状を緩和するために、エストロゲンに似た作用のあるイソフラボンを摂取しようとしても、逆効果になってしまいますます不快な症状が強まります。
まずますプロゲステロンの働きが強まってしまいます。
このような理由から、生理前にはイソフラボンの摂取は控えた方が良いのですね。

Copyright(C) 2013 女性の一番に欠かす事が出来ない栄養 All Rights Reserved.