男性

イソフラボンを摂取できる食生活

最近、サプリメントなどでよく見かけるようになった成分「イソフラボン」。
これはフラボノイドの一種で、いわゆるポリフェノールの一種です。
マメ科の植物に多く含まれている成分で、最もポピュラーなのは大豆に含まれている大豆イソフラボンです。

大豆イソフラボンには、エストロゲンという女性ホルモンに似た働きがあることがわかっています。
一番の特徴は、この女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きがあることで、女性の美しさや若々しさをサポートしてくれる成分なのです。
年齢とともに体内で生成されるイソフラボンの分泌量は減少します。

それにより、更年期や閉経を迎えるのです。
それに伴って起こるのが更年期障害と言われる心と体の変化が起こります。
イソフラボンを摂取することで更年期障害の辛い症状が緩和されます。

また抗酸化作用があるので、アンチエイジングが期待できます。
他にもバストアップをする効果や、脂肪の蓄積をお防止する、というダイエットに嬉しい効果もあります。
このようにイソフラボンは女性の美容や健康にとって非常に有効な成分なのですね。

また、大豆イソフラボンにはコレステロール値を下げる作用もあるので、毎日の健康のため美容のために、ぜひ毎日取り入れたい成分です。
この優れた成分を効果的に摂取するために、イソフラボンを多く含む食材をご紹介しますね。

イソフラボンは大豆に多く含まれている成分なので、大豆製品を多く摂取すれば良いのです。
豆腐や納豆、油揚げやきな粉、お味噌などにたくさん含まれています。
どの食材もとても身近な食材なので、手軽に毎日の食生活に取り入れることができそうですね。
納豆1パックには65r、豆腐半丁には55rのイソフラボンが含まれています。
イソフラボンの1日の摂取目安は50rなので、割とすぐに摂取目安が摂れるのではないでしょうか。

Copyright(C) 2013 女性の一番に欠かす事が出来ない栄養 All Rights Reserved.